保育所の保育士が知るべき世界

労働時間と業務負担

保育士の労働時間に関しては、基本的に長いと言われています。それらが問題があるため、どうしても仕事の拘束時間は長くなると言えるでしょう。基本的な労働時間は8時間と決めているところが多いのですが、中には12時間以上働いている看護師がいるのも事実です。そこは、しっかりと人員を確保して、ワークシェアリングを進めていくことが必要となるでしょう。結果的になかなか労働時間が改善されず、肉体的にも精神的にも疲れている方もいます。ただ、労働時間に関しては、近年シフトにしていて、早番から遅番の他に、中番なども取り入れて仕事を分けている保育所も多くなっています。それなら働きやすいと言えるでしょう。

業務負担に関しては、それぞれの保育士が協力することによって、ある程度シェアできるようになっています。仕事の内容自体は大変ですが、職員それぞれが自分の仕事を進めることによって、安心して働ける環境作りが進められています。近年は業務負担を少なくするために、色々と工夫されている方が多いです。他の保育士と相談しながら、どのような仕事をどのように振り分けていくのかについても考えることが必要です。そうやって仕事の分担を考えていくことで、より安心して働ける環境と作っていくことができます。最近の保育所では、そういう適材適所を意識した采配も多くなってきているのです。

Copyright © 保育所の保育士が知るべき世界, All rights reserved.

保育所で働く人たち労働時間と業務負担給料と福利厚生リンク集
サイトマップ